読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきたまじる

このブログは薬研沼どっぷりなガチャ好きのお子ちゃまがお送りします

次回予告

注意!! この記事は、筆者の私生活を愚痴っている内容です。百害あって一利なしなので、こんなページを見ているぐらいだったら、新聞でも読んでいるほうが一万倍マシです。 なんだ、きみは…。 上で忠告しといたのに、なんでこの文を読んでいるんだい。なに…

ノ・ゾ・キ・ミ・テ

ツイッターを見たいが、見てることを悟られるわけには、いかなかったのだ。 私は友人と魔法先輩のツイッターをこっそりと、ふと思い出した時に見ている。ただ、たまに先輩のほうは鍵がかかるので見れない。さらに最近は、どうも、フォローを整理したらしく、…

期待なんか、捨てちまえよ

しばらく会わないと、妄想ばかりが先走る。あんなことをされたい。ああいうふうに言われたい。いろいろ、いろいろ。 でもやはりこうして会うと、妄想が打ち砕かれるのを感じた。ああ、やっぱり、あんな気弱な電話一本、よこしてくるような人だけど、別に私の…

愚痴です

人によっては愚痴に見せかけた惚気に見え、気分を害する恐れがあります。 あのさ 厨二病に厨二病とか言われたくないんだけど たしかにさ わけわかんないものばっかり送って悪かったと思うけどさ うん あとさ 時間の無駄って そう思うんならスタンプの応酬や…

更新しないツイッターの身代わりになるブログ

ツイッターをどれだけ長い間更新せずに居られるか? と、いうことが自分の中で流行っている。 ついぞ前までは、(といっても5年くらい前)暇さえあれば見てはつぶやいてて、しかも交流も今より活発で、フォロワーも100を超えたこともあった。 が、飽きてしまっ…

赤丸をください

このところ、赤丸が気になる。 赤丸とはなんぞや、と思われた方に説明すると、要は通知の知らせだ。 LINEの通知の赤丸。 電話の通知の赤丸。 はてなブログの赤丸。 メールの赤丸。 赤丸は鮮やかにスマホ画面を彩る、添え物でありながら目立つ、そんなやつだ…

いつか高木さんのように、あなたをからかいたいの

「からかい上手の高木さん」を本屋で見かけたのは、昨年の秋頃であった。帯に踊る「からかい女子ブーム!」という文字。なんだこれ、と手にとってみる。裏をひっくり返してみたが、特にあらすじとか書いてなかった。 からかい女子という言葉が目に留まった理…

バレンタインから祝いたい気持ちを込めて リターンズ

昨年のバレンタインはこちらバレンタインから祝いたい気持ちをこめて - かきたまじる 今年もさてさてバレンタインデーがやってきたのだが、とかく自分はこの日に対していい思い出をしたことがない。昨年は、あげようと思う人がいたのだが、準備したものをあ…

いつか見る夢を

「あれは、夢だったのかもしれないな。 しばらく会わないと時たま考えることが始まる。いや、会っててもやはり、考えてはいるのだが。それほど頭の中で大きな比重を占めているかの人だ。いや、夢でない、というのはもちろん、LINEを見返せば分かること、どう…

クリスマスの誓約

あれ さいきん なんか・・・これもそうだし、さっきのも殺人だし、そのひとつ前は自分が死んだらって話だ なんか日記がやばいな 病んでるのはこっちかな いや、自殺とかしないからな 信じてくれ 雨を落とし続けられるわけがなかった いつもそうだった… 飴が…

世の女性は「お姉さん」をググらない

世の中の女性は絶対姉を知るために「お姉さん」という単語ではググらないだろう。私もその一人のはずだった。あの日までは。 お姉さんについて調べようと思った。いちおう長女でありお姉さんであるはずなのだが、なんか思い描くものと違うみたいだ、と思い、…

こころのこえ

暇なのでできるだけ文章を書いてみることにする。と、突然無茶振りしても、とつぜん面白い文章なぞ書けるわけがない。なので今日の発見をここでひとつ披露しようと思う。同じ書くでも文章を書くのと絵を描くのとでは雲泥の差がある。そう、楽しくないんだよ…

おひとりさま

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 5年後といえば、自分はそろそろ世間様からはおばさんもしくはおじさんと言われるくらいの歳になるだろうか。もしかしたら不幸があって死んでるかもしれない。が、とりあえず生きていると…

飴と鞭が上手なきみ

1日目 ちゃんと決まりは守れたはずだ。飴ばっかり与えられて大変だったが、まあ、よしとしよう。これに調子付いて2日目以降、また鞭を与えられたら大変だ。気分屋さんに付き合うのも大概にしないとね。 (続く) 2日目 決まりは守ったが、今日は塩。ずっとず…

tf氏一ヶ月勝手なる冷戦

ヒント:アナグラム ここ最近日記カテゴリは新エントリーを増やしていない。実際のところ増えてはいるが。はてなダイアリーというブログ、ひいてはネットで誰でも見られる状況であるにもかかわらず、あまり見られて嬉しいものではないため、はやく遠くに追い…

そして何度も落ちて行け

超絶長く、読みづらくしてある日記です。また、抹茶チョコバーなどの検索語でこの日記にたどり着かれた方へ。この日記は個人の恋慕感情の移り行きを記しているだけであり、抹茶チョコバーの作り方やアイスレビューなどは一切書いておりません。そうした情報…

ブースターに思いぶつけろ

グルーヴコースターの話なんですが、大変私情を挟むため日記カテゴリにも入れておきます。最近ついに初のフルチェインを達成いたしました。青サティスで、です。ノーマルですけど、まあ、2月からずっとやってきたんで、感慨深いです。それでもスコアAなので…

器を求める人

きのう、講演会に参加した。午前中はいたって退屈であった。発表者には大変申し訳ないのだが、諸事情があってレジュメがなく、しかも途中からの参加であり、話の内容が頭に入ってこなかった。平坦な抑揚のない声なので、よけい聞いててつらい。しかし、珍し…

僕はただいまが言えない

こないだね、ちょっと部室から席を外したんですよ。トイレ行きたくてね。ちょっと失礼しますと一言断って、出て、戻ってくる。そしたらね、おかえりと言われるんですよ。おかえりと言われたらみなさんなんて言いますか、ただいまですかね。ぼくこのただいま…

半年後もう一度読ませる恋愛小説

切り替えが早い女とはよく言ったものだ。どこの本を見ても書いてある。女は過去の男などすぱっと忘れて次の人に行くのだと。 (すぱっと忘れられない人がここにいますよ) そう思いながら本を閉じた。ため息をつく。目を瞑る。脳裏に浮かぶのはかの人のことだ…

チャレンジデー

毎週火曜日は私にとってチャレンジデーであった。なにがチャレンジなのかというと、それは靴だった。夏だからお洒落な靴を履きたい、そう、願わくば、ヒールのある涼しそうなサンダルをーーー。しかし私の足はとかくその手のヒールがだめであった。家内に言…

ゲームブック人生

ずっとやりたかった展覧会の絵が、Amazonkindleで購入できることを知り、すぐ購入した。展覧会の絵とはゲームブックである。小説だが、選択肢が途中で現れて自分で行き先を決められる。その中でいろんな人に出会ったりものをもらったりいろいろしながらゴー…

ブログ更新したいけど何もネタが思い浮かばない

ブログを書きたい。が、何もネタがない。オチが何も思い浮かばない。書き出ししか、浮かばない。そんな日もたまにはあるのだ。なので、思いつく限りの書き出しをかけるだけ書いてみようと思う。1 普段絶対書かないごく普通の日記きょうは友達といっしょにカ…

追い求める夢

膝枕は素足かどうか……。こんな話題が最近上がった。最初に断っておくと筆者は女である。なので、この素足を男性のものと思っており、そんなもの関係あるのか?と首を傾げた。後から聞いた話では素足は女性とのこと。そりゃそうだ男性が素足でも誰も喜ばない…

三色ボールペンを私が破壊する顛末について語る

勘がいい人、そういう人がいるじゃないですか。例えばの話なんですけどね、クラスの中で恋愛関係になった男女がいたとする。それでまあふたりは恥ずかしいから秘密ってことで、とそのことを周りには言わない。言うとしたら家族、親友くらいなものでしょうか…

惑わせられた匂いの記憶

匂いには思い出がある。食べ物の美味しそうな匂いを嗅げば、その食べ物を食べた時の幸せだったことを、ふと思い出す。もちろん今が不幸せだとか、そういうことじゃないんだけど。たとえば、お子様ランチを両親にねだって食べられた時のこととかを、思い出す…

君の心を食べたい

いきなりカニバリズムに目覚めたわけではありません。3月。ここのブログでは2月のエントリーがずっと日記であり、わたしの徒然なる感情やらなんやらを綴っていた。ところが、3月は一転して趣味のカププラがどうだ、やれパズドラがどうだ、という話になってい…

いつか終わる夢を見ている

いま、わたしは、いちおうやらなくてはいけないこととか、いちおう将来の夢があって、それに向かって邁進したり、趣味の絵を描いたり、グルーヴコースターにはまったり、薬研藤四郎に永遠の愛を誓ったり、いろいろしているわけだが、ふっと思った。これは夢…

あなたの魅力をわたしだけが知っている

私がよく見に行くサイトの中に、いろんなネタ的な記事を載せているサイトがある。最近、そのサイト経由でいろいろなものの魅力に気づかされては好きになっている。 たとえば昨年度のクリスマスの送水口のことも、このサイトがきっかけだった。きみは送水口美…

バレンタインから祝いたい気持ちをこめて

バレンタインデーである。 コンビニではモロゾフのチョコレートはありませんかと聞かれ百貨店ではラッピングは必要ありませんかと聞かれそして奥を除けばはなやかなチョコレートを前にたくさんの客がどれにしようかと品定めを繰り広げる。店員は良く通る声で…

初夢

わたし今年の初夢は、薬研さんに抱きしめられる夢がいいなと思っていました。それでですね、前日の夢が家族とガチャを回しに行く。なぜか学校とアミューズメント施設が融合した場所にガチャマシンがある。なぜか途中から一緒に来ている相手が家族ではなくな…

ある人の恋愛観の話

僕はわりと簡単に人を好きになります。どういうシチュエーションかというと、初対面で一目惚れっていうのは、さすがにないですが、3回くらい会ってみて話して、話を全否定されるとかそういうのがなくて、話が楽に進めたらそれで好きになります。楽にというか…

一寸先は闇

なんか日記の更新が滞っているので、何か書いてみようかなと思い、筆を取る。まあ実際にやっていることはタッチパネルの上に指を走らせているのであって、筆など微塵も関わらないが、なんとなくそう書いてやるのだ。 要白、という言葉が最近の読売新聞で見る…