かきたまじる

鉄は熱いうちに打て

ケイオスリングスオメガ エクストラ編3

エクストラ編クリアした後のボスを倒すため、ひみつの楽園でひたすらレベル上げ。

ちなみにモンスター倒してたら「フェロモン」というジーンを手に入れた。これは、フィールド上にバトルボタンが表示され、それを押すと強制エンカウントになるというジーンである。これはすごく便利だった。どう便利かというと、エンカウントしたくないときはエンカウント無効にしておいて、レベル上げのときにこのフェロモンでがんがんモンスターと戦いまくることができる。
これまで、エンカウント無効にすると楽にフィールドを歩けるが、レベルが上がらない、バトルしたいのになかなかエンカウントしない!とイライラしていたので嬉しい。

ひみつの楽園は隠し通路になっていてMAPには出てない。ここ、気のせいなのかもしれないが、パンダ系モンスターがすごく良く出る。特にピンクのラヴリー7は一気にレベルが上がるのでおすすめだ。ちなみにエクストラ編でちょこちょこ出会うパンダのボスもここにいるよ。

ひたすらレベル上げしてたら200超えた。限界は250?くらいらしいので後もうちょっと!裏ボスたちはそれぞれケイオスリングスのペアだった。アユタ、マナ、イルカ、シャモ、エッシャー、ミューシャ、オーガ、ヴァティー。オーガ戦では、一回のダメージが1万超えてびびった…。これらのキャラは会話イベントがなかったが、戦闘中セリフはあるので聞いてて楽しい。バトルが終わると、ちょっといつもと違うセリフがあるので、連続タップしないように注意。

そういえば最奥にいたの、例の馬鹿ことギャリック達ではなくシーリアとユタだった。あれ、どこにいるんだ。シーリア戦はユタの「神遊び」がわりと大変だった。見切り「神遊び」ジーンつけてるけど即死するからね。とにかく使わないことを祈った。

そして最後、ホームに戻った。馬鹿は高いところが好き…あ、そうか代弁者がいたとこかな?(ホーム中央に隠し通路がある)
行ってみたらなんかラストサパー落ちてる。間違いない。

そしてやはりアルト、ギャリック、後イヌがいました。ラッシーという犬だそうです。トリニティアタックを説明するギャリックのたとえが面白かった。その後戦ったけど、裏ラスボスだけあって並外れた強さ。ていうかレベル250オーバー。勝てるわけない。最初はラストサパーばっかりで攻撃してこなかったが、マグナムファングッ!とその後の攻撃で耐えきれず死んだ。レベル最大になったらまた挑戦する。

レベル最大になった。再挑戦するが、3回ゲームオーバー。4回目でやっと勝てた。
まずラッシーを集中して狙い、アルトに呪縛をかけてカオスレディを封じる。体力があるときはひたすら阿修羅…あれ、名前忘れた。ごめん。本篇でアユタが使ってたやつね。
次にアルトをひたすら同じように攻撃して倒す。
最後にギャリックだが、ギャリックキャノンがうっとおしかった。ギャリックキャノンの一撃で沈み、ヴァンヴリュレ、でターンが終了し何もできないこともあった。死ななかったらヒーリングするのだが、途中で気づいた。1対2だから、ヒーリングよりブレイブハートをかけ続けた方がよい。ブレイブハートなら死なない。ちなみにヴァティーにはバトルの中盤あたりですでにブレイブハートがかかっているので、ヴァティーが死ぬ心配はとりあえずない。

撃破後、ピュッピュカードが全部埋まりました。設定資料集が見られます。プレイ時間26時間越え、ここまでのめり込んだRPG初めてな気がします。よし次はケイオスリングス2をやりたいですね!
written by iHatenaSync