かきたまじる

このブログは薬研沼どっぷりなガチャ好きのお子ちゃまがお送りします

傘置き忘れ防止を考える

傘がない。

そのことに気がついたのは教室を出てからのことだ。いつからなかったのだろうか?僕は今日1日の行動を思い出す。まず、学校に来た。自転車を停めて、教室に向かった。今日はどこで講義を受けたっけ。講義が終わってからサークルボックスに行って…もう、傘は持ってきていなかったような気がする。

自分の行動をもとに傘を置き忘れていそうな場所に行くが、どこにも傘はなかった。盗まれたのかもしれない。肩を落とした。

一週間後、傘は見つけられた。図書館にぽつんと忘れ去られていた。

……ということが、かなり前にあったのだが、傘を忘れるというのは、雨が降っていて、屋内に入り、屋内から出て雨が止んでいる時高確率で発生すると思うのだ。

だから傘にリードとかつけるとかお札くっつけるとか、効果はありそうだが、見た目的に実行する気になれない対処法はさておき、自分なりに対処法を考えた。

それはずばり傘に愛着を持つことだ。

傘に名前をつけよう。そうだ、ポリデントとかどうだ。もし、だな、よく知らない女と居合わせて居心地悪い時に何気なく、僕が「ポリデント忘れた」と言う。女が「え、ポリデントってなに」みたいな具合で話が始まって、居心地が良くなったりするんじゃなかろうか。で、「わたしサトコって言うの、あなたは」
「僕は田中って言うんだ、よろしくね」
とちょっとした知り合いになれるかもしれない。

それからその後、2人がひょんなことで付き合い始め、僕が出来心で浮気したことに立腹したサトコが、包丁持って僕に襲いかかることもあるかもしれない。
僕は傘を盾のように広げてこう言うのさ。

「サトコ!ポリデントだ!」

サトコの動きが止まる。

ポリデントってなにかしら、そうだわ、私たちが出会うきっかけを作ったポリデントだわ……

「田中さん!ポリデント…そんな……!」

みたいな感じで、なんとかなるかもしれないじゃないか。

傘に名前をつけるねぇ。いいじゃないか、うん、うん。

……そんなことを考えていたら、電車に傘を置いてきてしまった。



という話を、私は、考えていました。


written by iHatenaSync