読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきたまじる

このブログは薬研沼どっぷりなガチャ好きのお子ちゃまがお送りします

ある人の恋愛観の話

個人日記-日記 個人日記 個人日記-ライン

僕はわりと簡単に人を好きになります。

どういうシチュエーションかというと、初対面で一目惚れっていうのは、さすがにないですが、3回くらい会ってみて話して、話を全否定されるとかそういうのがなくて、話が楽に進めたらそれで好きになります。

楽にというか、一緒に話していて、居心地がよければ、そして話し相手が異性ならいとも簡単に好きになります。

それですぐ、妄想してしまうのです。この人を彼女にしたらああしようこうしようと、昔映画や漫画で見たようなラブシーンをすぐにその人で想像できます。朝飯前です。

しかし僕には欠点がありました。そうです、失敗が怖いんです。告白なんかできない。僕はなんの脚色もなしに相手に向かって「好きです」と言える人を心から尊敬します。僕は根性がひん曲がっています。なので本心を言うことが苦手です。

あところころ人を好きになるので全部告白ばっかりするのもどうなんだろうなという躊躇いがあります。

ですが僕考えたんですよ。美少女が突然現れて自分のこと好きとかいうのありえないしありえるんだったらそれは僕が金持ちとかで何かしら裏があってその子は僕に近づいているって。ほら、僕、根性がひん曲がっていますから。夢は見れません。美少女でしたらそうですね二次元で充分です。二次元は裏ありませんから。みんなかわいいし。

運命の出会いとかそういうのないんですよ。よくいるじゃないですか、「彼氏ほしーい」とかほざいてる女子が。いやさ、この世に人間って2種類しかいないでしょ。あなたのまわり全員女子じゃないでしょ。袖振り合うも他生の縁とか言いましたかね、ようは男性いっぱいあなたのそばにいるじゃないかと。出会いの幅を狭めすぎてませんかと。

それこそ学校でハンカチ落として拾うだけでも立派な縁っていうわけで、ですね

運命の出会いを鼻をヒクヒクさせて待ちわびてしまっているんですよ、彼氏ほしーいと言う女子の会話を聞いてて時々僕こう思うんですよ。

僕はあなたの彼氏に立候補しちゃだめですか?

と。

自分で言っておいてなんだけど軽すぎる。軽率すぎる。でも軽くていいと思う。

まあ、前述したように甲斐性なしで失敗が死ぬほど怖いアホなので、立候補もクソもないんだけどさ。

でもそんな僕にも一応妥協点というか、譲れない条件があります。冒頭ですぐ好きになるとほざきましたが、一応条件がありますね

まずはそうだな、最初に言った通り居心地よく話できる人がいいね。今のところ出会った人大概この条件はクリアしてます。ですが、稀にいます、一緒にいて居心地がめっちゃ嫌な気分になるひと。

例えば、こんな感じ。僕文章書くの好きでその話してたんですけども、
僕「ちゃんとした、自分で納得のいけるものじゃないと人様に見せたくないんで没にしますよ」
相手「出たーwwwwwww納得いかないと没にするって奴ーwwwwww」
こんな返しされると胸糞悪くなります本当にごめんなさい。

次はおまけですが、趣味に付き合ってくれる人だったらなおさらよいです。

別に趣味のことわかってくれなくていいです。無理に知らなくてもいいです。ひとつ声を大にしていいたいのは、何それ、30にもなってそんなもんが好きなの?!ありえない!!とか、そんなものどうでもいいんだけど、とかそういう無視とか否定とかされなきゃ別にいいんですよ。






すいませんすっごく長くなりました。

意外とこういうことなりきって語るの楽しいですね。

私、先ほどとある恋愛記事読んでその話がかなり面白かったのでなら、自分も、って思って恋愛語ろうと思ったんです。でもほら。自分のこと、語るのは、ね。空想の人物をでっちあげてみました。あながち空想っぽくないかもしれませんが、100パーセントの空想は楽しくないので99パーセント本当のこと書いて、1パーセントの嘘を混ぜて作りました。


written by iHatenaSync