読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきたまじる

このブログは薬研沼どっぷりなガチャ好きのお子ちゃまがお送りします

惑わせられた匂いの記憶

個人日記-日記 個人日記 個人日記-ライン

匂いには思い出がある。

食べ物の美味しそうな匂いを嗅げば、その食べ物を食べた時の幸せだったことを、ふと思い出す。もちろん今が不幸せだとか、そういうことじゃないんだけど。たとえば、お子様ランチを両親にねだって食べられた時のこととかを、思い出す。

匂いの思い出の中でもひときわ強烈なものが、他人の匂いである…匂いフェチとかそんなのではないが、他人の匂いってなんか自分とはちがうので気になるのだ。

友達の家に初めてお邪魔したとき、異世界のような香りがする。ここは違う世界なのだ。そんな感じがする。人様の家、そんな感じなのだ。

だいたいそんなの使ってる洗剤とか、柔軟剤とか、トイレの芳香剤とか、たわいもないものが、匂いの発信源なのだろう、それでも変な感じがする。

僕には好きな匂いがあって、なぜその匂いが好きなのか、そんなことは思い出したくもないんだけど、ていうか忘れてしまいたいんだけど、ときどきすれ違う人からその匂いがすることがある。

ふっと香るその匂いが、忘れたい出来事を全部思い出させるものだから、僕にとってつらいことこの上ないわけだ。ええい、みんな、みんな、僕のまわりを通るんじゃねえ、とか、そんな無理なことはおいといて、だよ。

だいたいそんなの使ってる洗剤とか、柔軟剤とか、トイレの芳香剤とか、たわいもないものが、同じだってだけなんだろうけど、それでも嫌なものは嫌だ。

そんなある日のことだった。駅を歩いていると、行き交う人の中で、またあの匂いがした。僕は動揺して振り返った。匂いの発信源は女性だった。何を思ったんだろう僕はその人に声をかけていた。
「あの、匂いが気になって声をかけたんです。その、いい香り…が気になって」
ほら女性、怪訝な顔をこちらに向けてる、なんで見知らぬ他人に声かけちゃってるんだ、絶対無視されるだろう、これ。


まあ何の匂いか、そんなんは結局分からなかったんだけど、とにかく、匂いの記憶は僕にとって強烈だ。
written by iHatenaSync