かきたまじる

鉄は熱いうちに打て

秘密 THE TOP SECRET

家内が生田斗真のファンだということで一緒に見に行った。主演が生田斗真であることと、ミステリーである、ということしか知らないまま見に行ったら、2時間ずっと意味がわからないまま頭を抱えることになった。

生田斗真演じる主人公薪剛がひたすらイケメンだということと、エログロしか感想が特にない。

伏線がばらまかれていつ回収されるのかと思ったら一向に回収されず、最後は謎の映像で締められてしまった。?
その謎の最後の映像は犬の記憶でこんな幸せな世界もあるよということらしいが、なんで持ってきたのかよく分からない。

意味わからない伏線とはこのようなものである。
・薪剛の発作はなぜ起こるのか
・鈴木の死体をなぜ冷凍保存しているのか
・秘密を廊下でしゃべっていいのか
・絹子は「お父さんのために死ぬわけにはいかない」と言った後なぜ焼身自殺したのか
・犬と少年はなぜ突然出てきたのか
・青木の父?祖父?はなぜ登場しているのか

他にもいっぱいあるが、ほんとわけわからなかったので、後からネットでレビューを見たり原作2巻読んでみたらやっと合点がいった。どうやら原作の別々の事件をくっつけた話らしいのだ。貝沼のことと絹子の繋がりも全くわからなかったが、怪しげな新興宗教でもやっていて、そこで出会ったのだろうか。絹子は意味ありげなこと(これからどんどん人が死んでいくよ等)をたくさん言うが、その意味がイマイチ分からない。

オリジナルキャラクターらしい刑事もただ叫んでばっかりだという印象が拭えなかった。もう一人オリジナルキャラクターで精神科医がいるが、ワンシーンしか出てこなかった上繋がりもよく分からず、出した意味がやっぱり謎。べつにいらないのではないか?

あと絹子を演じた人の声がくぐもっててこもった感じで聞いててあまり気分が良くなかったので、調べたところ今回が初めての映画出演らしい。雰囲気はよかったと思う。絹子は後見の弁護士に保護されているらしいが、すごいお嬢様待遇でびっくりした。父親の遺灰をプールに捨ててそこに飛び込むのは…絹子も父親のことが好きだった、とか…?

これがもし、原作を読むことを勧めるために意味不明な話にしたのであればまあ、思惑通りなのかもしれないが、…でもやっぱり、見ていて謎だらけで最後は欠伸が出るくらいだったので、もっとうまいことまとめられなかったかなあ…と思う。
これから見に行くというのであれば、原作に少しでも目を通しておくことをお勧めする。原作未読ではさっぱり意味がわからない謎映画だった。自分の読解力がないのかもしれないが、とにかく謎だった。

連続ドラマにでもしたほうがよかったんじゃないの。
written by iHatenaSync