かきたまじる

このブログは薬研沼どっぷりなガチャ好きのお子ちゃまがお送りします

名探偵コナン から紅の恋歌

名探偵コナン から紅の恋歌を見ました。一年前の予告から、平次が主人公だと分かっていたのであんまり期待してなかったんですが(私は新蘭推しです)…すっごいよかったです。和葉ちゃんめっちゃ応援したくなる映画でした。

 

平次が、大岡紅葉に「未来の旦那さん!」と抱きつかれ、和葉が無茶苦茶嫉妬するシーン。

 

和葉が「あの子誰?!」と嫉妬むき出しにして平次に突っかかる様、見てる側としてはとても微笑ましいというか、可愛いです。

「まあ、お前は別の意味で忘れられへんけどな…」

「はぁ?!それどういう意味なん?!」のくだりとかね。

 

そのあと紅葉と和葉は平次をめぐり、かるたで争うことになるのですが、

 

余裕綽々の紅葉と、赤面した和葉ちゃん。和葉ちゃん可愛い、すっごく可愛い。私の中で和葉ちゃんの株がどん!と急上昇。

 

和葉が平次を心配して電話するも喧嘩みたいに電話を切ってしまって、平次がはぁ?となるシーンや、和葉がかるた練習中に平次が「怖そうな顔」とやって来るも、和葉が「紅葉のボディーガードならあっちに行け」と追い払うシーンもやきもき、しつつ、なんというのか、二人の気持ちがすれ違うといいますか、なんて表現したらいいのか分かりませんが、めっちゃいいな、と。

 

新蘭だったらいつものことだ、と思うのがこの二人だとすごく新鮮だ。見慣れないからかな。

 

でも、ちゃんと和葉が危なくなってるところに助けに行く平次はさすが、かっこいい。バイクのアクションも凄いの一言。

死にそうな時に、「伝えないといけないことがある」と言いつつも後から忘れたふりして、和葉が追っかけ回すのも微笑ましい。

 

ミステリーも恋も、百人一首テーマで統一されてるのがいいですね。ミステリーも、最終的には恋愛で落ち着きましたし…

 

あ、そうそう紅葉のことも外せません。最初は、突然旦那さんとか現れて何なんだこいつ、平次はどうせ和葉のものなのに、と思ってました。でも、幼い頃の平次の約束を間に受けてずーっと平次一筋に生きて来てるところとか、なんだかんだ言って和葉を心配しているところとか(蘭が紅葉にパスケースを返した時のシーン)、いい子だなーと思ってこちらも株が上がりました。

 

ま、私が一途に想い続ける女キャラすごく好きなのも一因ですけども…

 

願わくば、和葉のよきライバルでいてほしいですね、いや、そうなんだろうけど。原作追いかけてないのでよく知らないですよ。

 

とりあえずすごくよかったので、コナンのラブコメ要素が好きな人は絶対見ておくべきでしょう。

来年はなんなんだろうね、真っ黒の日本にカウントダウンがはじまってからの、「ゼロ」(安室の声らしい)です。公安の話?安室さん去年めっちゃ活躍したんだからもういいやん、と安室すごくどうでもいい私は思いました。安室推しの皆さんすいません。