かきたまじる

鉄は熱いうちに打て

まじっく快斗 日輪の後光の巻 前・中編感想

長年、キッドを推し続け、青山先生には「コナンはよ終わらせてキッド描いてくれ」と思っている私にとっては朗報な、キッドの話がサンデーに登場。

 

いや、コナンもね、面白いですよ、恋愛要素がね…あと謎いっぱいだからね。気になる。

 

今回、快斗はバイクに乗って登場。

青子に、「この快斗様がどこでも連れてってやるよ」とのっけからニヤニヤさせてくれます。なんだこの二人。快青好きだからどんどんやってくれ。

 

紅子や白馬といったお馴染みのメンツも登場。

 

さて今回の獲物は仏像?の宝石なんですが…快斗として現場に青子、中森警部とともに着いて行く。偽物だと分かった瞬間に、快斗がトイレに行ってキッドになり、偽物だから盗むのはやめる!と宣言するくだりは唐突すぎました。

 

おまえ大丈夫か、快斗がトイレ行った瞬間に変身して登場って、疑われないのかい…と心の中で突っ込む。

 

そのあとキッドは青子とともに閉じ込められる。ここからが本番という感じ。青子は都合よく眠り姫やってんなー…と思ったら起きた!

 

怪盗キッド正体見たり!と威勢良くシルクハットを青子が脱がしたら、なんと快斗が!!て、ところで前半終了。青子かわいい。

 

さてこの窮地をどう乗り切るんだろう?と気になったので本日発売のサンデーをキンドルで買ってきました。

 

すると…

もうだめだ!と思った快斗が慌てまくるが、青子は怪盗キッドが自分に馴染み深い快斗に化けてると勘違い!!

あくまで快斗=怪盗キッドという思考回路にはならなかった。青子は快斗のことを強く信じてるのか…(まあ前に遊園地デートの話で疑ってたことあったけどな)

 

そこからキザな怪盗キッドを演じる快斗と青子のやりとりがなんか面白い。いつもだったら馴れ馴れしく接する仲良しな二人だが、なんか…こう、他人行儀な感じがして面白い。

 

青子「仕方ないから青子の肩貸してあげるよ!」

快斗(キッド)「す、すみません…」

 

のくだりが個人的なツボです。

 

そして二人はちょこちょこ対立しつつも、謎を解いていきますが…

 

一方現場では一足遅れて白馬が出てくる。白馬は状況を聞いたあと、紅子からの電話に赤面しつつ出る。ああそういえば白馬くんは紅子好きなんだっけな…

 

ただ紅子はにべもなく、邪神ルシュファーからのお告げを言うだけ。黒羽くんがこれ以上青子と一緒なんて許さん!!という心からである。なんかすげー三角関係の火花が散りつつあるような気がします。

 

さてキッドと青子はどうなったかと言うと、部屋に閉じ込められた時、青子をかばって落ちたために負傷しているキッドはどんどん体調不良になる。青子は途中から肩を貸してやるが…

 

この人はお父さんを困らせている悪い人!!でも…青子を助けたせいで怪我を負って…みたいな心境に陥りつつあってなんか面白い。

 

青子、キッドとともに脱出した後はちょこっと手当てして遠くへ逃がしてくれるでしょうか?

後半が気になる。

 

あと待望のコミックス5巻やっと出るのか…何年待ったと思ってんだ!!遅い!というのはさておき、楽しみです。