かきたまじる

鉄は熱いうちに打て

クロノ・トリガー iPhone 死の山

アナザーエデンのあと、気になっていたクロノ・トリガーをはじめました。すぐはじめなかったのは、操作性が悪い!と各所で言われていたからです。

 

いくら名作とはいえ、操作性が悪ければそこでやめる可能性が高いのです。

 

ちなみにいざ始めてみたところ、操作性についてはそこまで一点除けば気になりませんでした。

 

一点というのは、戦闘時の対象を選ぶ時です。アイテム使うキャラクターを選んだり攻撃対象を決めたりとか。

 

これをよくミスして、十分ヒットポイントのあるキャラクターにミドルポーションを使ってしまったり、特定の技に反撃してくる敵に技を使って反撃され、全滅したり。(海底神殿がきつかった)

 

そして死の山にたどり着きました。ここが、散々言われている、「iPhoneクロノ・トリガーは死の山がつらすぎる」場所。

 

死の山は入ってすぐ、風に飛ばされそうになります。ポヨゾー人形によって木が2本立っているので風が強い時はそこでやり過ごせと言われますが、これが、難しい。

 

何回かリトライし、木の位置を覚え、まず動く前に右に一マスほどずれてから進み、風が吹雪く前に急いで1回目の木にたどりつきます。木にいる間は上に十字キー(?)を入れっぱなしにして耐えます。風が止んだら速攻次の木へ向かいます。

 

次の木の位置もあらかた覚えておき、その木があるであろう位置(さらに一マス右だったような)に移動開始後あらかじめ移動しておく、

 

というような感じで難所1回目を突破。

 

ずっとこれが続くと嫌だなあと思ってたらそこで終わったので一安心。

 

そのあとのプチラヴォスは外郭を攻撃しないようにすれば楽勝でした。しかし、2回目の難所が…滑る道です。

 

こちらはなんとかなりそうでなんとかなりません。滑りまくってはセーブポイントに戻されます。なんとかしてみせよう。そしてリトライしている時にイーターをうまく避けられず、毎回戦闘になるのが地味にだるいのです。

 

…そのあと、なんとか乗り切りました。面倒臭すぎる。それからまたプチラヴォスと戦う。プチラヴォスはこれまで2回も戦って来たし楽勝とあぐらをかいていると、なんとパーティが半壊。ここで負けるわけにはいかん。負けたら、さっきの滑る道を最初からやり直しになる!!必死に戦って勝ちました。

 

ラヴォスの郭を動かすのは少し手こずりましたが、さっきの2つほどではありません。

 

…ところでこのゲーム、マルチエンディングらしいのです。

 

強くてニューゲームすることで、エンディングがいろいろ見られるとか、なんとか。

 

それってこの死の山をもう一回やれ、てことですか…?いやだ!!!ぜったいやだ!!!ていうかクロノ・トリガー、これ以外にもネズミ取りとか面倒くさかったんだよお!!

 

DSでも買った方が気が楽かもしれないなあ…

 でもふと、私は今までクリアして来た(主にケムコの)RPGをおもいだしました。

 

矢印床…。

 

あれも同じくらいすごく面倒臭すぎるダンジョンだったなぁ。(遠い目)