かきたまじる

鉄は熱いうちに打て

プリふれ模型店のペーパークラフトとカプセルプラレール

プリふれ模型店というのは、家庭とオフィス向けのプリンタを展開するブラザー工業のホームページの中にある、Nゲージジオラマ用のペーパークラフトである。

 

プリふれはこちらから。

プリンターでふれあおう!プリふれ|プリビオ・プリントテラス|年賀状ならブラザー

 

ジオラマに興味はあったのだが、

 

金がかかる

専用の店に行く必要がある

時間と根気が必要

 

…いろいろあって避けてました。…ですが、本当に興味あるのです。もとよりミニチュアがすっっごい好きなタチなので、ジオラマなんか心ときめくに決まっています。

 

そんな私が持っているのはカプセルプラレール…普通、こどものおもちゃであるカプセルプラレールジオラマにするような人などあんまりいないので、カププラ用のキットなど売っていません。ちなみに、カププラのPOP(ガチャガチャの前面にある紙)は、手作りのジオラマだそうです。以前公式ツイッターで言ってました。あんなのを作ってみたいじゃありませんか。

 

で、ここでこのブラザー工業ジオラマペーパークラフト。無料。プリンターさえあれば。

 

やるしかない。幸いにもプリンターはブラザーでした。

 

まずは背景紙から印刷。夜空に似合いそうな列車として、SL銀河を写真撮影。

f:id:aomtt4816:20171023101220j:image

なかなか気に入りました。ですが、手持ちの撮影機材が小さいのしかないので、こんなのしか撮れません。もっと大きいの今度買いたい。背景紙ってなかなか入手しづらいので、無料配布は本当にありがたかった。

 

やはりペーパークラフトも作らねばと思い、駄菓子屋さん、家屋、駅前タクシーを作った。駄菓子屋さんは、内装まで頑張ったが、駅前タクシーは糊付けの細かさの前に諦めてしまった。それらを合わせて撮ったのがこちらである。

f:id:aomtt4816:20171023101457j:image

レトロな感じなので、似合いそうだという理由でEF58青大将を撮影してみた。レトロな雰囲気の中にレトロっぽくないカプセルトミカが混ざりこんでいるとか、建物が車体にこすってるとかいろいろあるだろうが、そこはご愛嬌。

 

背景紙は夕方にした。駅舎はカププラのストラクチャーのいなかの駅があったので、そちらにした。もともと好きな列車のひとつであるEF58なので、この写真を眺めて暫くはニヤニヤしていられる。