かきたまじる

駅メモしてます

ハッピーシュガーライフ8 感想

ハッピーシュガーライフの8巻を読み終えました。

 

8巻は5巻で殺害されたしょーこの死体隠滅や、さとうとしおがおばさんの協力のもと、海外逃亡を図るといった内容です。

 

5巻以降、ずっと気になってきたことが書かれてるので読み応えがあります。

 

おばさんとさとうがお互いの「愛」について話す場面は、そこでおばさんにそっぽ向かれたらどうするんだろう?と思ったり、「おばさんの愛は違う」と言い放つさとうに、殺人してまで守り続ける愛ってのもねぇ…とつっこみたくなったり、読んでて楽しかった。

 

さとうは海外逃亡を図りますが、パスポートはすーちゃんから入手。お久しぶりですね。さとうのこと好きすぎて何から何まで真似しようとして、履歴書に嘘の住所を書いていることを見破ったエピソード以来でしょうか。ちなみに8巻、すーちゃんの本名が分かります。

 

かなり順調に進んでいっているので、成功しそうではありますが、たぶんそう簡単にはいかないんだろうな。さとうとしおが国外逃亡を着々と進めていく裏で、あさひがしょーこから入手した例の写真をもとに、三星を揺さぶり、さとうの名前、さとうの住所を手に入れようとします。まあたぶんその住所は出鱈目だと思うのですけど。

 

あさひはしょーこと連絡が取れなくなってから凶暴になっています。父親を彷彿とさせるような。でも父親と違って根っからの悪人になってるわけでもなさそう。あさひと三星はしおを巡って対立。三星があさひに殴られた時、こいつも死ぬのかと思ったら生きてた。

個人的に、この二人は手を組んだ方が絶対いいと思う。

あさひはどこかへ消えていき、三星はさとうの住所へ一直線!

 

さとうがおばさんから「私はしくじったりしないから、あなたは気をつけてよね」と言われるのは、さとうがしくじるフラグなんだろうか。お風呂の中でしょーこに撮られた写真のことを考えるさとう。足がつくとしたらあれなんだろうか。

 

5巻でし損ねた結婚式をして8巻は終わります。嵐の前の静けさみたいな巻でした。

 

おそらく9巻ではしょーこの捜索願が警察に出されると思われます。6巻7巻と2つも挟んだのでかなり時間経過したように感じますが、作中ではそんなに経っていないようです。よくよく考えてみれば7巻はほぼ回想みたいな感じだったしな。

 

アニメ化もされるので楽しみに待ちます。