読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきたまじる

このブログは薬研沼どっぷりなガチャ好きのお子ちゃまがお送りします

三宮を通り過ぎた

個人日記 個人日記-日記

港湾幹線道路を走る。いつもなら、夜行バスで通るので外なんか見ないが、今日乗っているバスは昼行便なので、外を眺める余裕がある。

 

だから窓を眺めていると、いろいろなものが目に入っては消えて行くのだ。キョロちゃん、観覧車、海遊館、工場、…あるとき、3文字の英単語が目に入ったのだ。LAA。なんか見覚えあるな。なんだったっけ。飛行機?それはLCCである。

 

「分からないときはGoogleに聞け」

 

全ての道はGoogleに通ず。そんな訳があるのかどうか知らなかったが、見覚えがあるがなんなのか思い出せないと言うのはひたすら気持ちが悪い心地であるから、Googleに聞いて見た。LAAはオークション会場の名前だった。ああ、そうだ、そういえば。と数日前の出来事を思い出す。

 

「分からないときはGoogleに聞くな」

 

急に、Googleにすぐ聞いた自分が恥ずかしく思われた。Googleに私の脳は負けたのだ。数日前聞いた話をきちんと覚えられなかった。そしてすぐGoogleに頼るのは格好悪い心地がした。だから、どう、ということはない。ないのだが、すぐGoogleに聞くというのは、あまりよくないかもしれないなあ、と頭をかきながら思った。

 

今は情報過多の時代だと誰かが言っていた。情報が溢れかえりすぎている世の中になりましたね、と。簡単にアクセスできる故によくないこともあるんだと。

 

何が書きたいのかよく分からなくなってきたが、ともあれ、三宮にやってきたのである。

LINEのステータスメッセージが500文字も書けることに気付いた

個人日記 個人日記-日記

LINEのステータスメッセージ。

 

以前はひとことという名前で、21文字しか書けなかったあの部分、今見たら500文字も書けるようになっていた。なら書いてみようじゃん500文字。てことで、499文字のステータスメッセージにした。

 

いままでは、ツイッターと同じようになるべく更新しないようにしてきた。ちょくちょくステータスメッセージ変えるうざい奴、みたいに見られたらやだなぁと思ったからだ。が、今度はなんと499文字。しかも、このかきたまじると同じノリで書いてみた。

 

普段の私を知っている人が見ればびっくりするのだろうが、あれで通常運転である。そもそもぼけーっと考え事してることが多いので、あれしきの文章はいくらでも捻り出せる。今もこのようにして捻り出しているところだ。

 

まあ、いったい何人があれを真面目に見るのかは分からんが、たぶんみんな見てないだろ、と思っている。

 

そういえば、カプセルプラレールの記事が突然ランキング入りしてるがなんでだ?

なめこの巣が面白いから、なめこ飽きた人もなめこ知らない人もみんなやろう

放置ゲーム 放置ゲーム-なめこ栽培

なめこの新作アプリ、なめこの巣がついこないだリリースされた。

 

なめこのおさんぽに続いて、栽培しないなめこのアプリの登場である。

 

なめこのおさんぽはねぇ…イラストが可愛いだけで、レアなめこのおびきよせにめちゃくちゃ時間がかかるところとか、説明文がいまいちなところとかあって、途中でやめちゃいましたね。今見たら、アップデート2年くらいされてないみたいね。

 

で、なめこの巣なんだが、めっちゃ面白い。

 

なめこの巣の楽しいところをあげていこう。

 

1 ゆるいなめこのストーリーが楽しい

 

f:id:aomtt4816:20170318201242p:image

これはランク22あたりのストーリーである。

 

おそらくなめこ先輩が元になってるであろうタケルが主人公となってストーリーは始まるのだが、なめこ先輩のようなクールさを求めて見始めると、ギャップに戸惑うことになるだろう。タケルはちょっと抜けたところがあり、なめこ先輩のようなかっこよさはない。

f:id:aomtt4816:20170318201800j:image

 

またサリンというなめ子が元になってるであろうキャラが出てくるが、この子もまた、なめ子であるものの、なかなかに辛口である。

f:id:aomtt4816:20170318201743j:image

 

たとえば、せっかく作ったかっこいい像を気持ち悪いから早く片付けてとか、ホンなめこの気持ちを華麗にスルーするとか、である。

 

けっこうくすりとくるストーリーは、読んでいて楽しい。

 

2 なめこがちょこまか動く!飾れる!

 

f:id:aomtt4816:20170318201737p:image

これが私の現在の巣。特に何も考えずに作っている。なめこがちょこまか動く様子や、他のなめことおしゃべりしているのを見るのはなかなかに楽しい。ていうか、かわいい。

 

ちなみに私はお手伝いなめこの動きが好きです。

 

3 なめこ栽培の収穫の気持ち良さ

 

今作では、なめこは栽培しませんが、なめこたちが農作物や、パンやらいろいろ作ります。

 

プレイヤーはそれを収穫しますが、いっぱい作った後、収穫するときの気持ちよさは、なめこ栽培の感覚そのもの。

 

なめこ栽培のスワイプで収穫する気持ちよさが好きだったのに…」と嘆くことなかれ!今作も気持ちよく収穫できますよ!!

 

以上が主な楽しみである。他にも動画広告の見せ方が面白いとか、ちょいちょい好きなポイントはあるが、割愛する。

 

 

とにかく、めっちゃ面白いので、なめこ飽きてやってない人もなめこ知らなかった人もみんなやろう。

更新しないツイッターの身代わりになるブログ

個人日記 個人日記-日記 個人日記-ライン

ツイッターをどれだけ長い間更新せずに居られるか?

 

と、いうことが自分の中で流行っている。

 

ついぞ前までは、(といっても5年くらい前)暇さえあれば見てはつぶやいてて、しかも交流も今より活発で、フォロワーも100を超えたこともあった。

 

が、飽きてしまったので、今は逆に、

 

どれだけ更新せずに居られるか?

自分の生活に関わるつぶやきをしないで居られるか?

 

ということにチャレンジするのが流行っている。なので最近の私のつぶやきは専らキャンペーンに関するものが多い。しかし、喋りたいと思うことはある。そのとき、その欲求を代わりに発散するのがここ、かきたまじるの役割である。

 

ただ、ブログを更新するからには、いちおう文章にしたいという、そういうポリシー的なものがある。なので、前置きが長くなったが、要するに、最近目が回るように忙しい、とか、余計なプライドのせいで会いたいのに会いに行かない、とか、そういうことをつぶやくためにこの日記は更新される運びとなった。

 

そもそもツイッターというのは、見返しにくいのであまり好きではない。使いたくないのだが、やはり情報が速いという点、誰でも使ってるという点で他に勝るので仕方がない。

 

話が前後して申し訳ないが、プライドのつぶやきに関してのことだ。やはりこう、長いこと姿を見ないと、その、なんだ、培われた耐性というものかなくなっていっている気がして、久々に会ったらびっくりして硬直するかもなあとか、いや別になんともないんだろうけど、といういろいろが錯綜してしまって、正直どうすべきなんだか分からん。

 

ただひとつはっきりしてるのは、気持ちの持ちようである。思い出して泣くくらいだ、ないわけがなかろう?ま、実りようもないのに、何を馬鹿のひとつ覚えみたいに泣いてんだかと、自分を遠いところから見て馬鹿らしくもなるのだが。何を期待してるんだが知らんが、そんなものはないのだ。

 

そういうことを考えると、予定がやたらめったら詰まってる方がいいのだろうか、めまぐるしく忙しければ、会うこともなかろうから。だが、しかし、それはそれで、自分が変な行動に走るし(例えばLINEスタンプを突然送り付ける)、なんだかんだで思い出すからやっぱりだめだ…ちょうど今のようにね。忙しく、疲れてくると癒やしが欲しくなるのです。他の人はどうか知らないが、私の場合ですと、そうですね…

 

ちなみに今電車内で書いてるんだけど、今乗ってる電車降りたら、真っ暗な深夜歩いて帰ることになる。なかなかにつらい。3月というのは繁忙期というのか、バスがとれなかったのだ。夜行バス。

 

仕方なく電車で帰ることにしたのだが…

久々のN700系だと言うのに、疲れすぎてたのか、全くもってわくわくしなかった。

 

そして、ブログを更新したら、改めて何度か読み直すのが好きなのだけど、ウェブ利用制限のせいで見れ無い。なんでだ。

トイレ

個人日記 個人日記-日記

東京駅八重洲口から、改札を通らずトイレに入るには、キッチンストリート内の有料トイレしかないようだ。ただし、キッチンストリートの利用者が使うことを見越したトイレだからか、10時30分からしか空かない。

 

着替えのための場所を探していたのだが、どのトイレも行列ができていた。身障者のトイレも更衣室代わりにされている。化粧室もなかなか空かない。東京駅近くのネットカフェも、vipラウンジも満室。

やっと地下街で空いているトイレを発見することができた。

 

東京駅は広い。3たび訪れて、ようやく構造を理解できた気がする。ただし丸の内側は全く行ったことがないのでなんとも言えないが。

 

京葉線が何処にあるのか本当にわからなかった。なんとかたどり着けたが、色が赤だからと、丸の内線目指して歩いてしまった。

パズル

個人日記 個人日記-日記 個人日記-ターポイ

パズルを解く。解法はない。正当もない。

 

このパズルは、6×7のますめを使用して行われる。が、全て使うわけではない。ふつう、このますめの総称はカレンダーと呼ばれる。

 

そしてこのますめに、あるものを、はめる。あるもの、というと、手堅く言えば予定である。ひとつのますめに、2つが精一杯だ。その予定をうまく組み込むことさえできればよい、悩むことなどない、簡単だ。

 

ただし予定には組み込めるますめがあらかじめ決まっているものが大多数だ。ダブルブッキングせずにきみはうまく予定をたてられるか?!

また、予定には大きさや長さも決まっている。予定を組み込むときにこの点も考慮すべきであろう。また、予定には移動時間や諸費用がかかるものも多数存在する。やはり、考慮すべきだ。

 

このパズルのこつは、その予定が自分にとっていかに重要かということだ。もしかしたら予定と予定を天秤にかける必要も出てくるかもしれない。優先順位をつけなくてはならない。

 

この優先順位がパズルの肝、であろう。

最初に見つけた予定からどんどん入れていくと、後半の予定が全く入らなくなる。

どうする、どうする、その予定の中に組み込んだ、30いくばくに、自分の未来がなかったら、どうする。

 

 

パズルを解くのが最近難しくなってきた。しかし、人生がかかっているのだから、妥協するわけにもいかない。

 

 

毛玉

個人日記 個人日記-日記

 きのう、中ふ頭から来たニュートラルはひどく混雑していた。小さい頃から幾度となくニュートラルに乗っているが、夕暮れ時の山手線並みに人がいた。私から見ると、乗車率は200パーセント、いや、それは盛りすぎか。とにかく人がおしくらまんじゅうしてひしめきあっていた。いつもだったら無人ニュートラルにも駅員がおり、「奥へ詰めてくださーい。奥の方が空いておりまあす」と叫んでいる。

 こんなにも混んでいるのにはわけがある。どうもインテックス大阪で大規模なイベントがあったらしい、どうりでスーツにマイナビとか書いたバッグ持ってる初々しい顔がたくさんいるわけだなあとひとりごちる。急いでいるわけじゃあないから、別にいいんだけど、なかなか電車に乗れない。2つ電車を見送り、ようやく乗ることができた。

 弁天町で乗り換えると、大阪環状線もやはり混んでいた。さすがにさっきのニュートラルほどではないが、けっこうな混み具合だ。先ほどのマイナビのバッグ持った人もちらほら、乗っている。向かい側のホームを出発する、ラッピング車両を見送り、向き直ると、カップルが3組ほど目の前にいた。蜜月期、なのか、いかにも仲よさそうな、twitterでカップル共同垢を作って「私達一生一緒(はぁと)」なんて呟きそうなラブラブカップルが3組いた。いや、別に、羨ましくなんかない。かつて私もああだったことがあったのだから。人が人を好きになって最初は、ああいう風にラブラブなのだ、たまたま彼らのその期間に私が居合わせただけなのだ。

 じゃあなに、おまえ、あのカップルたちがいつか破局するっていいたいの。自問自答、前言撤回、ああ、やっぱり羨ましいようだ。…ふと、カップル3組のうち1組、目の前のカップルの彼氏のコートに目がいった。毛玉だらけ、である。そこかしこに毛玉、毛玉、毛玉。毛玉を書きすぎてゲシュタルト崩壊するかと思われたが毛玉である。するとなんだか、彼氏が毛玉にしか思えなくなって来た。あろうことかこのカップル、近くにつかまるつり革がないので、列車の揺れを利用してか知らんが、列車が大きく揺れるごとに彼女が彼氏に抱きつくという、リア充爆発しろとでも言いたくなるような、むず痒いことを目の前でおっ広げているわけだが、いかんせん彼氏が毛玉にしか見えないので、お、毛玉がいい思いしている、と思う。そう思うとちょっとばかり、気分も晴れるというものだ。思う存分、抱きつけばいいさ。

ふっ、と彼女と私の目が一瞬交錯した。彼女は顔をしかめて、「やだあこのひと、私のことじっとみてきもい」とでも言いたげな顔をして、彼氏にぎゅっ、と抱きついた。毛玉め。