読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきたまじる

このブログは薬研沼どっぷりなガチャ好きのお子ちゃまがお送りします

名探偵コナン から紅の恋歌

名探偵コナン から紅の恋歌を見ました。一年前の予告から、平次が主人公だと分かっていたのであんまり期待してなかったんですが(私は新蘭推しです)…すっごいよかったです。和葉ちゃんめっちゃ応援したくなる映画でした。

 

平次が、大岡紅葉に「未来の旦那さん!」と抱きつかれ、和葉が無茶苦茶嫉妬するシーン。

 

和葉が「あの子誰?!」と嫉妬むき出しにして平次に突っかかる様、見てる側としてはとても微笑ましいというか、可愛いです。

「まあ、お前は別の意味で忘れられへんけどな…」

「はぁ?!それどういう意味なん?!」のくだりとかね。

 

そのあと紅葉と和葉は平次をめぐり、かるたで争うことになるのですが、

 

余裕綽々の紅葉と、赤面した和葉ちゃん。和葉ちゃん可愛い、すっごく可愛い。私の中で和葉ちゃんの株がどん!と急上昇。

 

和葉が平次を心配して電話するも喧嘩みたいに電話を切ってしまって、平次がはぁ?となるシーンや、和葉がかるた練習中に平次が「怖そうな顔」とやって来るも、和葉が「紅葉のボディーガードならあっちに行け」と追い払うシーンもやきもき、しつつ、なんというのか、二人の気持ちがすれ違うといいますか、なんて表現したらいいのか分かりませんが、めっちゃいいな、と。

 

新蘭だったらいつものことだ、と思うのがこの二人だとすごく新鮮だ。見慣れないからかな。

 

でも、ちゃんと和葉が危なくなってるところに助けに行く平次はさすが、かっこいい。バイクのアクションも凄いの一言。

死にそうな時に、「伝えないといけないことがある」と言いつつも後から忘れたふりして、和葉が追っかけ回すのも微笑ましい。

 

ミステリーも恋も、百人一首テーマで統一されてるのがいいですね。ミステリーも、最終的には恋愛で落ち着きましたし…

 

あ、そうそう紅葉のことも外せません。最初は、突然旦那さんとか現れて何なんだこいつ、平次はどうせ和葉のものなのに、と思ってました。でも、幼い頃の平次の約束を間に受けてずーっと平次一筋に生きて来てるところとか、なんだかんだ言って和葉を心配しているところとか(蘭が紅葉にパスケースを返した時のシーン)、いい子だなーと思ってこちらも株が上がりました。

 

ま、私が一途に想い続ける女キャラすごく好きなのも一因ですけども…

 

願わくば、和葉のよきライバルでいてほしいですね、いや、そうなんだろうけど。原作追いかけてないのでよく知らないですよ。

 

とりあえずすごくよかったので、コナンのラブコメ要素が好きな人は絶対見ておくべきでしょう。

国語入試問題必勝法

blindbook。まあ、要するに、中身が買うまで何なのかわかんない本、てことだ。本にはカバーが掛けてあり、黄色いひもが結われている。さながらプレゼントのようだ。

 

黄色の本

最初は難しいですが、そこで投げ出さないでください!!すごく面白いです!!小説で笑うと言う経験を初めてしました。

 

本の情報はこれだけである。つまり、この本が売れるかどうかというのは、このpopから、面白そうと思わせなくちゃあいけない。ところで、私は、書く文章の分類で難しいのは、笑う文であると思う。文章で笑わせるというのは、なかなか難しい。泣くとかそういうのは、案外簡単なものだと思うのだが、笑いだけはとにかく、難しいと思う。

 

この書店員さんは、この本を読んで笑ったという。つまりこの本は、一人の人間を確かに笑わせた実績があるということ。ふんふん、面白そうじゃないですか、笑わせてみてくださいよ、私はレジでその本を買った。

 

さてさて家に帰り、その本の正体を暴いてやる。して、本は「国語入試問題必勝法」であった。聞き覚えのあるタイトルだ、なんか結構前に書店で話題になってたような気がするが、結局読まなかったやつだ。ぱらぱらとめくるが、受験生向けの本ではなさそうだ。短編集らしい。

 

最初の猿蟹合戦の話はどこかで読んだような文体である。なんだろうこの古めかしい文体は、見覚えがあるが、これは誰の文だったかしらね、読書好きではあるもののそこまで読んでるわけでもないので名が思い出せぬ。ええと…ただつまらない、くどくどと、猿蟹合戦についてこうも深読みできるものなのだなあとか、学の浅い私はそんなことを考えながらページをめくる。途中、やれ男が女がセックスだの出てくるから、思考がよそへ飛んでいきかけたが、捕まえて続きを読む。

 

いまはつまらなくとも、あの書店員さん言ったのだ、最初は難しいが、投げ出すなと。これでもモノ書きの端くれ、読んだ文を血肉に変えるつもりで読んでいかねば。そんな調子で読んでいくと、猿蟹合戦が終わった。次は国語入試問題必勝法である。タイトルにもなるぐらいだから、うんと滑稽話だろう、と思って読んでみたが、ああ、そう、と。さしたる笑いが起こるからでもなかった。ただ、国語ーーー特に現代文は、群を抜いて得意だったーーー私からすると、国語のできない人というのはそういう見方をしているのかあ、ほうほうほう、と思うところがあった。(国語ができないひとを馬鹿にしてるつもりは毛頭ない、私は国語以外からきしであったから、馬鹿にできる程賢くもない)

 

料理や耄碌爺さんの話が続く、楽しいが別に笑わないよ、と思いながらページをめくる。ところがそんな私を笑わせたのはそこから先で、リレー小説のところであった。確かにこれはとてつもない。佐伯さんがヒクついたように、私もヒクつかざるを得ない。特に笑いが止まらなくなったのは、青木氏の第2章である。

 

青木氏は森末氏の作った人間関係に対して、冷静に、直感的に、わからん、そんなのこまる、と言っている、それが私にはひどく面白かった、ああ脇腹が痛い、これは思い出し笑というものであろう。ページに困り、時々、青木氏の事実が挟み挟み語られるのも、笑いを誘うし、番号でページ稼ぎには、とどめを刺されたかのように笑いが止まらなかった。

 

ただ3章、4章では突然主人公が死んで事件になり、4章でとんでもないところから真犯人が出てくるのはリレー小説の醍醐味じゃないかなあと思う。私もリレー小説をしたことがあるが、最後って大変なのだ。それまでの人が広げた大風呂敷をたたまなくちゃいけないんだから。伏線とかもう全部、回収しちゃわないといけない。それが、これは3章で全てが終わってしまっている。4章どうなるんや、と私もドキドキしてしまう。

 

そして最後に、あとがき、あっての、解説だった。解説は、丸谷才一。あれこの文は、冒頭で見たな。このようなかな遣い、そうかあれは丸谷才一の文章だ。ただ私、小難しいのが苦手なもので、解説の大半を適当に読み飛ばした。理解できたのは、これがパロディ小説であること、そして、猿蟹合戦は丸谷才一をからかったもので、からかわれた当人が解説を寄せ、感想を書いている、そのことである。なるほど、元ネタを知っていればもっと面白く読めたのかもしれないなあ……。

 

 

 

 

文鳥文庫との邂逅

東急ハンズにふらっと寄った。

目的はライフスタイルツールだったが、いつもここに来ると何か目新しいものはないかと全フロアを見ていく。

 

手帳コーナーに机があった。気になったので近づくと、何やら薄っぺらい紙と、ブックカバーが売っているようだ。ブックカバーの方は、以前から知っている、皮みたいに劣化を楽しむ紙製のカバーだったが、薄っぺらい紙、これは初めて見た。

 

いや、これ、よく見ると本のようなのだ…試しに、試し読み可能だった檸檬を手に取る。ぺらぺら、パンフレットみたいな製本の本、これは一体何かと、ようやくpopを見たら、文鳥文庫とあるではないか、文鳥文庫ってなんじゃ、と読むと、

文鳥文庫は、とても小さな文庫です。16ページ以内の作品しかありません。製本するのではなく、写真のように蛇腹の形式で折りたたんでいます。先週から発売を開始しましたが、とても好評をもらっていてうれしいです。

文鳥社、はじめました。 – BUNCHOSHA

 

だそうである。

 

なんかおしゃれだし面白い取り組みだと思って、一冊、初恋というのを買って帰った。まあ、文豪の作品なんか、たぶん青空文庫あたりでただで読めるが、それでも気になるので買うのだ。

 

さて、福山駅にて広げて見る。かねがね、移動中に本があるとよいのにと思っていたのだ。薄いから持ち運びがしやすい。これは嬉しい。文庫本さえ入れる隙間のない鞄でも入るから。

 

たった10ページしか無い作品だったが、くすっと笑えるオチで、面白かった。たぶん文鳥文庫がなきゃ読まなかったであろう初恋、他の文鳥文庫も買ってみようかなと思うきっかけになった。

 

文豪の作品も良いが、青空文庫で読めるから、最近の作家さんの話とか、文鳥文庫限定の話なんかもあるといいなあと思った。

 

あのあと、文鳥文庫を気に入ったので、何冊かまとめて入っているセットを購入した。その中に乙一さんと言う方が書かれた、東京という話があったが、それは文鳥文庫に書き下ろされたものであるそうだ。不思議な話だったが、面白い話だった。あの子はいったいなんだったんだ。

凛ルート トゥルーエンド

隙間時間にちょこちょこ進めてたFateの凛ルート、トゥルーエンドに到達しました。たしかエンディング2つあるんだっけ。

 

イリヤとリンがグッドエンドへのヒントを教えてくれたのでいちおう見てみようとは思うのだけど。内心、めんどくさい。

 

話は良いけど、なかなか、この独特な文章の書き方に慣れない…ので読んでてたまにいらいらするんですね。私だけか。

 

グッドエンドではセイバーが生き残るらしいので少しそれが気になる…。セイバー最後にいなくなるの、さびしかったからな。

 

ランサーがいい奴だったことと凛がかわいかったこととアーチャーの笑顔にびびったことくらいしか感想がないのです。桜ルートは気になるけど、映画で見るだけでいいかな。あ、いや、映画たしか3部作だから、本編買う方が安く済むのかな。

 

ほか2ルートで空気だった子なので、どういう活躍するか気にはなるけど、セイバールート・凛ルート進めてる時にネットで色々検索してちょっとネタバレを見てきてしまっているので、そこまでびっくりはしないような…いや、なんだかんだ言って買いそう。

 

そういえばシュタゲはじめました。かなり前に値下げしてたのを、今になってようやくはじめた形です。

今年の花見の話

道を歩く。雨が降り続けていた。タバコの吸殻、ごみ、水たまり、前を歩くビジネスマン、スタバの看板、いろいろなものが目に入る。今日は何か、できただろうか、自分にしかできないことはきっとないけど、自分ができることは、しっかりやれたのだろうか。足取りは重い。もう日はすっかり暮れている。夜行バスを待つ間、ネットカフェにでも滞在しようと思い、重い足をひきずる。しとしと降りしきる雨がスマホを濡らす。

 

私のスマホは雨の日に向かないな。なんてったって、本革にメモ帳がついているのだから…本革に水は大敵である。水がつくとそこが変色し、目も当てられないひどいまだら模様が刻印されるのだ。もっとも、しばらく経てば、元に戻るのだけど。こないだの豪雨の時はびっくりしたものだ。自転車のカゴにスマホを入れたら、家に帰るときはすっかりまだら模様になっていて、発狂した。数時間後、元に戻るまで、気が気でなかった。

 

煌々と光る看板を見つける。目的地に着いたらしい。もうここに来るのも3回め、グーグルマップがあっても迷う馬鹿だが、すでに道は覚えた。傘をたたむ。そしてふと上を見ると、灯りに照らされた夜桜が佇んでいた。そこでようやく、通りを見ると、きれいな夜桜が満開だった。今年の花見は、東京の八重洲でした。

なめこの巣イベント「春を待つ桜なめこ」覚書

現在の春のかけら 170こ

標数  のこり130こ

1日ノルマ 15こ

 

やりこみ のこり430こ

1日ノルマ48こ

 

おくのほうの成果

f:id:aomtt4816:20170409175941p:image

f:id:aomtt4816:20170409175946p:image

春を待つ桜なめこのイベント…なかなかつらい。

いまのところ、この3匹で出しているが、けっこう春のかけらは拾ってきてくれる。将軍なめこのステータス高すぎて大活躍。もう1匹くらいスカウトしたいものだ。

f:id:aomtt4816:20170409180132p:image

休みなくどんどん出していかないと、開催期間が少ない割に集める量めちゃ多いから間に合わない。

最低でも桜餅手に入る300まではがんばろう。でも、桜なめこ看板たくさん欲しいな…

600とか集まるのかな?

 

レアなめこもちょこちょこ集まりつつあります。通りかかるがいっこうに休憩してくれなかったマネ子をやっとスカウトできました。ネオなめこもスカウト。

現在実装してるレアなめこでいないのは、忍者なめこと春なめこのみ。 忍者なめこを手に入れるためにいる兵糧丸?とかいうアイテムを手に入れるのに苦戦してますが、とりあえず春なめこの方が優先です。春なめこ、今しか手に入らないしな。

たぶんまた同じイベントやるだろうけど、いつやるか分かんないし。

 

それから、加工品、すっごいいるものと、全然いらないものの2極化が激しい。

 

いるもの

  • コムギノコ(パン、ビッグエッグマフィン)
  • イトモロコシ(丈夫な布をはじめとしていろんなものの原材料)
  • 丈夫な布(素材作るのにかなりいる)
  • お守り(作るのにかなり時間がかかる。難易度高い冒険先を周回すると、あっというまになくなる)

個人的に、コムギノコとイトモロコシが同じ施設でしか作れないのがしんどいです。

ビッグエッグマフィンを16個も作れと言われた時、おい!!おまえら!!そんなに食べる必要ないやろ!!と思ったのを覚えてます。なんでかというとですね、ビッグエッグマフィンにはパン2個とイトモロコシとその他いろいろを要求されるのね。パンにはコムギノコがいる。でもイトモロコシもいる。どっちも同じ施設でしか作れない。同時に2種類は生産できない。

かなり時間かかった。

 

いらないもの

  • 色の実 (一部のおはなしをクリアすると、納品といくつかの建設でしか使う機会しかない。その割にプランターを2つおけるので、大量にたまる。)
  • おにく(おはなしクリアした後はあまりいらない。ビッグエッグマフィンを大量に作ったりしない限りは。)
  • たまご(全然出番がない。使わないので、400個くらいたまりつつある。なめこのおさんぽではかなり使ったのに)
  • ねっこ、丸太(あまり使わないが、納品しまくっているといつの間にかなくなって困ることがある。)
  • サボテンミルク(納品くらいしか出番がない)
  • ソース(お好み焼きと納品にしか使わない)

 

 

こういういらないものを売ってNPを稼ぎたいけど、なかなか、たまご単体のおねがいとかなくて、だいたい何か一緒(たいていは、作るのが面倒なやつ)を同時請求される。なめこめ…!

 

あとツノなめこのこの装備がモンスターズインクのなめくじさんにしか見えないと思うんです。

f:id:aomtt4816:20170409192525j:image

 

 

 

フエラムネ おもちゃコレクション

おとこのこ用おもちゃ

f:id:aomtt4816:20170409093715j:image

怪獣が出過ぎな気がする。クリアラメのクワガタムシがお気に入りです。怪獣とか気持ち悪いのが出るのでそこまで買わない。

 

おんなのこおもちゃ

f:id:aomtt4816:20170409093832j:image

くし、クリップ、ままごと、クッキーマン、指輪、いろいろあります。お気に入りは、ピンクのクリアパーツのくまの髪留めと雫の指輪、金のリボンの指輪です。画像じゃ分かりにくいですが、雫の指輪はグラデーションがきれいなのです。

 

どっちにせよ、クリアパーツでラメ入りのが出るとわくわくするのが私です。宝石3つ目出ましたが、これまで全部赤色なので、違う色がそろそろ欲しい。