かきたまじる

駅メモ・リヴリー・ノベルゲームが好き

個人日記

ブルースカイとフットバ16

どうも「ブルースカイ」「ブルーロック」「ブルーアーカイブ」を全部同じものだと最近まで思ってたアホです。 このたびブルースカイのアカウントを取得しました。 わたしはねエックスがなくなることはないと思うんですよ。なんだかんだいって生き残ると思う…

今年の実装されて狂喜乱舞した日記まとめ

今年の振り返り日記。 今年は実装されてテンション上がったコンテンツと発狂している文を振り返ります。 ゲッコウヤグラ実装 あああああ - かきたまじる ま、ま、ま、待ってました、 ほんとにずっと、待ってました…、 好きなんですよ、昔飼ってて思い入れの…

バチェラー

バチェラー好きで3から追いかけてるんですが、 1と2→見てないのでよくわからんが1の久保さんがすごいらしい 2はふつう… 3→終盤のあり得ない展開で見たあと胸糞悪くなるが、その後も仲良さげであとから振り返れば良いドラマを見れた バチェロレッテ1→3同様「…

最近のTwitter

おすすめタイムラインを知っているだろうか。 フォロワーだろうがフォローしてなかろうがバズってようがバズってまいか関係なくTwitterに強制的におすすめされる素敵なタイムラインのことだ。うっとうしいと思ったが、最近はもう諦めてそれも眺めている。知…

岡山市 リアル桃鉄

今日は駅メモではないんですがリアルスタンプラリー的なことをやったのでレポートします。 一つめ イコットニコット 2つめ 外堀(二十日堀) 3つめ 旧中乃町 4つめ 旧石関の近代建築 5つめ 旧下出石町 6つめ 岡山城 決算 岡山市と桃鉄のコラボで、岡山市舞台に…

ひとことに関する雑記

意味不明な私の一言の解説です。 ときどきまともに挨拶していることもありますが、大体はそのときの自分の好きなものです。意味がわかる人は友達になれます ↑Rainbow 2010年の「瞳の奥をのぞかせて」カップリング曲。リズミカルで元気をもらえるおすすめマイ…

騎士みこと

わたしはみことさんに対してか弱い印象しか持っていません。美しくてどこか儚い淡いみたいな。「騎士」たしかにみことさんには「弱いが強くありたい、くにのように」というところがあると思います。鳥籠革命とか。RPGラピで前回幻の姫だったので妥当な線かと…

夢の結晶、ガチャ

突然ですがこちらをご覧ください。 なにこれ?と思う方が多いでしょう。 それもそうです。これはリヴリーアイランドのガチャ画面だからです。これをなぜ見てほしいかと言うと、すべてコンプリートした初めてのガチャだからです。駅メモでいうとラッピング全…

2021年振り返り

2020年振り返り - かきたまじるを見ながら今年を振り返ります。日記なので読まなくていいです。 今年の出来事 いろんな初めまして称号を獲得した。 ゆかりさんコラボイベントをした。 引っ越した。 スキャナーが新しくなった。 思い出せるのはこれくらいでし…

きっと届かない

この日記はおひとりさま - かきたまじるの続きになります。 内容といたしましては、両方とも大変個人語りとなっておりますので、駅メモの記事しか興味がない方は回れ右でお願いします。 さて、いいかね、すこし早いけど、5年後どうなったのか、その続きを書…

10周年のお題にこたえます

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」 ってのがはてなブログでやってたので、やってみます。思えば5周年の時もお題答えましたね、ちなみにかきたまじる、来年で開設から10年です。 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? ブログをは…

いいねなくても勝手に答える

Twitterで時々見るやつをなぜかブログでやる。いいねの数?知らん。わたしが答えたい喋りたいと思ったら、好きなだけしゃべる、それがこのかきたまじるだから。 国内旅行好き自己紹介編 住んでる都道府県 ここではノーコメントです。気になったらこのブログ…

明日15時に会いましょう

突然だが、駅メモの話をしようと思う。 なぜかというと、明日、15時、リヴリーアイランドスマホ版がリリースされるからだ。いや、それ、関係あるのか、思うだろう。おおいに関係がある。一週間前に書いたのはなめこの話だ。アプリがリリースされれば必ず遊ぶ…

言葉にできない

推しの話してもいいですか。 ひとはな話5話までのネタバレあります一応注意 私の推しのひとりであるひとはちゃんなんですか、彼女は古株のでんこであり、毎回記憶をリセットされるという設定があります。 つまり、マスターとの思い出は忘れるんですけど、な…

体育の話

駅メモの次のラッピングが、スポーツをテーマにしたやつらしい。お知らせでみた。 「スポーツ」「春」「運動会」「競技」… やかましいわ!!!!! もちろんさやさんとかあけひさんとかスポーツ大好きなでんこもそりゃいるだろうしそういうでんこにしてみれ…

スイートスイートバレンタイン

バレンタインイベントの進捗いかがですか。 わたしは第4話を解放したところです。 バレンタインイベントのお話これな…過去のイベントが出てきて、なっつかし〜〜〜!!!ってなりました。ゆのかとチョコレートカフェやった2年前とかなるちゃんがはりきってる…

最近の日記

駅メモと関係あるようなないような、日記です。まあ、つまり、関係はないんですけどね。 筆者の近況です。おもしろくないと思うので。読者の皆様におかれましては。この記事は読まないことを。つよくつよく。おすすめします。時間の無駄ですので。 駅メモの…

始発ちゃん個展の話

緻密な線で駅や電車を書いている始発ちゃんの個展が愛媛で行われると聞いて、近いから見に行こう!と思い、行ってきました。 会場のこけむしろは、自然豊かな落ち着く感じのカフェギャラリーでした。 突然ですが、謝らせてください。 すみません。 絵を見る…

鬼滅の刃にハマりたい

一年ほど前の今頃、怪盗ジョーカーをめちゃくちゃ好きになった。これはコロコロコミックで連載していた漫画である。なぜ今更こんなものにはまったのかというと、ジョーカーのアニメがAmazonプライムで配信されていたからだった。 「お?これコロコロコミック…

自粛がもう限界という話

ただの愚痴です。いつもの駅メモの話とはあんまり関係ないので聞き流してくれれば幸いです。 コロナウィルスの感染拡大のために、家に閉じこもるよう呼びかけられ、マスクなければ外に出られないような息苦しい毎日。県境を越えようものなら「お前何してんの…

忍者カウンターのサービス終了

忍者カウンターがサービス終了するらしい。懐かしい。 いまや全く見なくなったが、昔はホームページに行くとアクセスカウンターがたいてい設置されていた。 あなたは○○人目の訪問者です! みたいな。 そんでもってキリ番を踏んだら報告してくださいねー、と…

ビビッドアーミーの話

ブログ見てたらしょっちゅうビビッドアーミーの広告が出てくる。エロくてうざい。ちょっとだけ遊んだことがあるがなんかよくわからなくてやめた。 そんなビビッドアーミーが「クソ広告撲滅」と広告アイデア募集キャンペーンをはじめたのをたまたま知った。ひ…

ポルノグラフィティ16thライブサーキットUNFADEDの感想

ポルノグラフィティのライブに行ってきた。このライブサーキットなんだが、アルバムを引っさげて全国回ってるわけじゃない。つまり、新旧全ての曲からセットリストに組み込まれる可能性があるというわけだ。サブスクリプション解禁されてからポルノグラフィ…

不在者投票

今回の話は駅メモと関係ありませんが、個人的にめんどくさいなぁと思ったことを書きます。 県知事選挙が明日行われるのですが、つい1ヶ月前に引っ越したばかりの私は新住所で投票に行くことができませんでした。 そのかわり、以前住んでいた市町村の有権者扱…

コバエが大量発生した

最近、家に帰るとき、気が重い。なぜなら先日から部屋にコバエが大量発生したからだ。いま、この記事を書いているスマホにも容赦なく飛んできて止まる。気持ち悪いことこの上ない。 最初はほっとけばおさまるかなと軽く見ていたが、日に日に視界に入るコバエ…

LINE payの10円ピンポンキャンペーン

LINE payが始めた10円ピンポンキャンペーン。これは、LINE payを使って友達に10円を送り、LINE payでその10円を送り返してもらうことで、ローソンやマックのクーポンが貰えるというキャンペーン。 10円を送りあってどうするんだ…というのが個人的な感想でし…

万引き家族と幸色の話とか

「万引き家族」を見た。パルムドールとかいう大層な名前の賞をとったすげー映画をミーハー心丸出しで見に行ったら何一つわかんなくて退屈で退屈で途中からスクリーンじゃなくて映画館の座席を見ていた。ここまで感情移入できないビミョー映画は秘密以来であ…

そうだ列車に乗ろう/でんことハードな新駅集め

始まりはpatoさんの駅メモタイアップ記事でした。リンクはめんどくさいので貼りませんが、気になったんであれば適当に検索してみて。あれを読んで、自分もこんな旅がしたいなぁと駅メモをインストールしたのです。 で、最初はでんこが可愛いので育ててあげた…

LINE payカードの新しい利用特典やっと情報出た

私はLINE payを愛用しています。ほぼ支払いはクレカかLINE payで行うため、現金はほぼ使わなくなりました。 LINE payを愛用している理由は以下の3点。 LINEから残高を確認できる 本人確認して銀行連携することで外出先でも家でも気軽にチャージができる。 還…

恋は雨上がりのように 10 感想

「恋は雨上がりのように」が完結したので、感想を書きます。 最初ネット広告でこの作品を知り、17歳と45歳の恋愛と聞いて、いかがわしい漫画かと思いきや普通の純愛でした。 恋愛としては、店長とあきらをはじめとして、加瀬さんとその義理のお姉さん、吉澤…