かきたまじる

鉄は熱いうちに打て

かいけつゾロリぴあを買った

今年で30周年を迎えるかいけつゾロリのムック本が出ました。何を隠そう私の本好きはこのゾロリからはじまりました。小学生の時はこればっかり読んでました。

 

いま、名探偵コナンとか、パズドラとか、まんぷくマルシェとか、いろんなキャラに熱を上げてますが、そのいっちばん最初はかいけつゾロリなのです。かいけつゾロリの絵が、話が、超大大大好きなのです。細かいものをいっぱい描いて変なものをつくるような画風をはじめとして、(ゾロリシリーズには細かい書込みのメカがいっぱい出てくる)かいけつゾロリから多大なる影響を受けました。

 

そんなゾロリのムック本、買わないわけがないですよ。

 

自分が面白いと思ったのは、かいけつゾロリの話の作られ方が公開されているところです。

 

私はかいけつゾロリの中で、かいけつゾロリテレビゲームききいっぱつが一番好きなんですが、これはなんとあの「ローマの休日」のオマージュからはじまったそうです。

 

ミャン王女とゾロリの仲が見もので、子供心ながらドキドキワクワクしながら読んだのを今も覚えてますが、まさかそこからインスピレーションされてるなんてびっくりです。

 

ちなみにテレビゲームききいっぱつが一番好きな理由は、話の面白さ以外に、ふろくがいっぱいあったから、ていうのもある。ふろくの点で言うと、ラーメンたいけつの話も好き。もっとも、私は図書館で借りていたので、ふろくを作ることはできなかったんですけど…。笑

 

他にも原先生がゾロリを作るまでの過程やインタビューもてんこもりなので、子供時代を懐かしみながら、読んでいると、「そういう風にあの話はできてたのかー」と感慨深いものがあります。

 

あと、キャラクターがその時代ごとの流行にちなんだものになっていたということは初耳で、あのキャラこれが元ネタか!ということが知れて面白かったです。コナンくんもいるのだよ。(めいたんていとうじょう)

 

もちろんワクワクしたメカの話や、隠し絵、迷路、キャラによるタイトル変更、作者が話の中に出てくるなどといったゾロリならではの仕掛けについてもいろいろ書いてある。当時…いや、今もだけどね、ゾロリの仕掛けには毎回わくわくさせられたものだよ。

 

初めて買ってもらったゾロリの本がまほうつかいのでしだったんですが、おにぎりゲームたくさん遊んで楽しかったです。もう具材とのりはなくしました、すいません。フィギュアは…たぶん家のどっかで眠ってます。

 

最近のゾロリは毎回何かしらグッズのふろくがついてくるのが嬉しくて、きえた!かいけつゾロリをお掃除カー目当てで購入したこともあります。

 

そうそう、ふろくといえば、ムック本にはバンダナがついてます。赤と青のデザインがおしゃれだし、そこはかとなくゾロリをはじめとしたキャラクターがデザインされててとってもかわいい。私はカバンのアクセサリーや、髪をまとめるのに使おうかと思ってます。このふろくは、子供なら調理実習のバンダナ、大人ならカバンにつけたり、というふうに大人も子供も使えます。

 

ただし、ムック本全体としては、字が小さいことやルビが一切ないことを鑑みると、私みたいな小さい頃にゾロリが好きだった大人向けの本、という感じがします。

 

 

かいけつゾロリぴあ (ぴあMOOK)

かいけつゾロリぴあ (ぴあMOOK)