かきたまじる

このブログは薬研沼どっぷりなガチャ好きのお子ちゃまがお送りします

dilemma

今さっきジレンマって打ったら、すごくかっこいいdilemmaが出てきたので、ブログタイトルをこれにする。

最近は心理学の本を読みあさるのが楽しいので、暇さえあれば読んでる。癖から分かる本音とか、パーソナルスペースとか、断りにくいお願いのやり方とかいろいろと「へぇー」ってなることが多い。

ただ、メールや電話は相手が見えない分、深刻なことを話しやすいっていうのにはちょっと共感できない。

むしろ相手が見えないだけにすごく怖い。
メール、電話、LINE恐怖症で、携帯が鳴ると心臓が跳ね上がる(さすがに大袈裟だが、怖いものは怖い!)し、LINEも通知はバッジのみ、まあこれには通知が出たらゲームに支障をきたすからって方が大きいが、通知はなるべくひっそりとさせている。
特に電話が苦手である。
携帯の振動音が長いと、電話であると分かるので、誰からか確認するまで緊張の糸がぴんと張り詰めている。

なので、なんとなくLINEで新しく買ったスタンプを誰かに送りたいとか、ふと誰かに話しかけたくなったとか、どうでもいい理由で連絡をとってみたいと思うことが度々あるが、だいたいできないで終わる。たまには勇気を振り絞ることもあるが、かなり稀なことで、やっぱり用事がないとできない。

相手がそばにいないので即レスポンスがないし、顔も見えない。これほど怖いことはなかろうよ…と、思う。ときどき克服の必要を感じるが、どうしたらいいのかわからない。

相手がいないブログやツイッターではそれこそ饒舌にしゃべることができるので、たぶん上記の心理学のぶんは、そこだけ賛同できる。
written by iHatenaSync